スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
人生いろいろ
最近、ブログで心境を吐露するということが
できていない気がする。

といいつつも、最近思ったこと。
・人間関係は我慢だと思いますが、
どの程度まで我慢すればよいのでしょうか

・人の心はわからないからおもしろいのですね。
あの駆け引きはたまりません。

・能は楽しいです。
スポンサーサイト
【2008/07/01 19:15】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
また、罪を背負いました。
また、人を傷つけてしまいました。

自分の気持ちのせいで人を苦しめて泣かせて。。


でも、どこまでも自分勝手なのが人間なのだとも思う。
赴くままに生きて、それでも尚、
誰かを大切にして幸せにしていくことができればと感じます。

【2008/06/19 12:16】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
長いけどさ、最近思ったことさ
恋と好きって微妙に違うのかなって最近思っている。

よく言うじゃないか。
その子が他の男といちゃいちゃしていると思うと胸が苦しくなるのが、
恋なんだ、好きってことなんだって。

でもね、これはちょっと違うかなっと最近思っている。
少なくとも、好きではないし、恋でもないかな。

>みんなは誰かにわかって欲しがっている。その点で僕はみんなと一緒で、僕はそう思うとき、君を思い出す。これが恋か。
っていうのを目にしたけど、これは恋な気がする。

本当の自分を受け入れてくれる、
自分の価値観とか、思想、志を理解して欲しいと思う相手に対して抱く気持ち
それが恋かもしれない。

でも、そうすると、恋って限りなく親友・親に近くて、
もっと言ってしまえば、憧憬。辿り着けないものな気がするな。

そういう意味で、恋ってのは片思いのことで、
青空に浮かぶ雲の如く、
よくわからない、淡くて、甘酸っぱくて、
僕には上手く言えないが、そんなものだと思う。

片思いって一番楽しいと思うんだ、最近は。
僕の今思う恋の定義に従うけど、
全部自分を理解して欲しいなんて思う、
まず叶えられない夢を見ることは心地良いし、
やはりそういう気持ちを抱きたい。
そんな気にさせてくれるいい女はとても少なくて
たまに見つかれば、自分の夢を押し付けるよね。
その叶えられない具合が堪らないし、
その子を自分のものにする難しさが、
自分を理解してもらうという難しさと重なってくるのかもしれない。

自分でもよくわからなくなってきたが、
要は、
あの子と自分が付き合う=その子が自分を理解してくれる
=叶え難き夢=妄想=オナニー=気持ちいい
みたいな感じだ。

恋で長くなってしまったが、好きに移ろう。
好きというのは意外と簡単に陥るものではないか。
情が移るんだよね。恋をしてなくても、仲良くなると。
この仲良くなるっていう具合が人それぞれ違うではないかと思うんだけど。

んで、よくわからんうち(相手がではなくてね)に、
いつの間にか付き合うみたいな。
これ、世の中結構多いと思う。

惚れた方の負けとか、
一方がもう一方より好き具合が深いとか
そんな感じの話、よく聞くじゃない。

惚れる側の経験が多い人って、
まあ、俺みたいな人間だと思うけど、
恋してないけど好き、まあいいか、付き合うかみたいなのが
受け入れにくいんじゃないかなって考えに至った。
なんつうか抵抗あるんじゃないかな。
もてる人、遊び人ってこの辺に抵抗がないわけよ。
それが良いのか悪いのかは難しいところだけど。

つらつらと書いたけどさ、
これが最近思ったことでさ、
すごく簡潔に書くと、
恋は片道通行、好きは行ったり来たりなのかな。
【2008/06/02 23:51】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
不覚
自分の感情をコントロールできないことに苛立ちを覚える。

こんな気になるとはまさに不覚。
クソって感じだな。
【2008/05/31 19:40】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
SBの携帯に変えたら非国民だな
247 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2008/02/29(金) 00:57:16 ID:V0k0Q562
586 日出づる処の名無し 2008/02/20(水) 10:05:19 ID:OayhS04r
超スレチだけどさ、ソフトバンクの携帯電話のCMって、
日本人と黒人の子供たちの父親が犬って設定だろ。
韓国で「犬の子」を意味する「ケセッキ」って言葉は、
「この糞野郎」的意味合いの超侮辱語。
知り合いの在日チョンが、あのCM見る度にニヤニヤしてた意味が
ようやく理解できた。


699 非通知さん New! 2008/02/19(火) 15:13:14 ID:O//33PMy0
韓国人の反日は精神的に卑屈なんだよ。自分達のコミュニティでしかわからないことを
押し付けて、独り悦に浸って笑うみたいな。

韓国では、公然と外国人差別が酷いが、中でも黒人は最低ランクで忌み嫌われている。
韓国語では、ケッセキ(犬の子)が最大の侮辱。
父親が犬でしかも華麗な一族の声、母親も日本を代表する女優の一人。
その子が、黒人で長男。日本人国民的アイドルが長女。
この時点で、在日コミュニティでは裏メッセージでニヤニヤが止まらない。
馬鹿な日本人は、そんなことも気付かずソフトバンクに加入し、携帯業界を料金革命する
世救主と崇めていると、また高笑い。


関係ないけど、川島和津実で久しぶりに抜いた。
【2008/04/02 01:14】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
優秀とか質とかって?
>でも、下の世代も、ゆとりだ何だと揶揄されつつも、馬鹿では無いように感じてるけどね。
>まぁ若干、脳味噌が単純と言うか「自分の論理や考え方を話せば理解して貰える」的な
>説得&喧嘩に関する認識が甘い連中が多いと思うけども。

掲示板を巡回していたときに見つけた、就職氷河期の頃の人のコメント。
非常に興味深い見解です。
【2008/04/01 04:57】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
こたえ
絶対的な真理ってないんだと思うんだ。
でも、今の自分の中にはこたえがある。

こたえが正しいかなんかわからないし、
いのちのこたえなんて呼べるものではないんだけど、
それでもひとつの道なんだ。

もう、世間体とか名誉だとか評判だとか
ガチガチに固められた、面倒な鎧は纏いたくない。

思えば、そういうものに惑わされることが多かった。
時にはコンプレックスの裏返しで
自分を力づけてくれたかもしれないけど、
その到達した先がハッピーだったのかな。わからないね。

実に視野が狭かった。
ちっぽけなくせして、大きなものに気付かないくせして、
偉そうに評価付けして、正直ばからしい。
そのばからしさに気付くべき。
世界は実に多様で、複雑で、でも美しいんだよね。

幸せは些細なところにあって、瑣末なことに意味があって、
一は全、というべきか、
一見意味のない、無駄とも言えるべきものが人生に大きな影響を与える。

僕は今でも一度死んだと思っているけど、
それでも生きることに何らかのこたえを出すことにするんだ。
【2008/03/27 18:38】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
寝れん
落ち着かない自分がいる。
こういうときは何を考えても意味がない。
わかっているが、情報の海に飛び込み、おぼれそうになっている。

考えることは必要。
でも、今は考えるべきタイミングではない。

自信はある。
ゲームをしてすっきりしよう。
【2008/03/27 03:09】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
もうすぐ春なので、スキン変えてみた
もっと、行きたいです。アピールをすればよかったと思ってます。
欝なので、ゲームをして気を紛らわせようと思います。

僕は要領が悪いです。要領よくなりたいものです
【2008/03/25 14:18】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
なんだかなあー
もうなんだかなーって気持ちでいっぱいです。

いろいろと面倒なことが多くて、うつです。

これは、いわゆる愚痴です。


僕は一度死んだのです。

残りの人生はおまけです。ただ消化しているだけ。
【2008/02/11 22:07】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
ちょっとした間に、ちょっとした昔
ぶらり。


最近、「攻め」の姿勢が足らないなと思う。

それに気づかしてくれたのは、
浪人時代の友人からのメール。

そいつとは、大学二年くらいに、
人生「守り」に入ったらダメだよね。
なんて話していた。目黒のスタバで。

「守り」が悪いわけではない。
ただ、今の僕は、気が済むまで何度も、
くだらないものを描いては放り投げているだけ。
【2008/01/28 16:23】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
世界の中心なんてないよ
今日は久しぶりに街に出た。
別に、ここんとこ引きこもってたわけではないよ。
ただ、大学に行って図書館に行ったってだけのこと。
新年二回目の大学。


自分と関わりなく、世の中は動いていて、
ちいさな幸せがそこかしこに散見された。
いい女と、いい男がいて、
同姓同士で、異性との間で、また、一人であっても、
若さのきらめきを見せていた。

別に、かわいい娘やスタイルのいい女が
男といちゃついているのを見たりしたわけでもないし、
イケメンが調子に乗っているのを見たわけでもないんだけど。

自分だけが世の中から取り残されて
荒野に佇んでいるかのような錯覚。
世界が自分を待っちゃくれはしないのは
分かっているんだけどね。


そんな気がした。そんな風に思った。


どうでもいいけど、
意外と、灯台にもいい女いると改めて実感。
テスト期間になるといつも思うこと。

結局、下半身で考えているだけなんかな。
【2008/01/25 21:52】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(3)
理想と現実-部活と仕事
何の価値を生んでいるのか?
社会のためなのか、私利私欲なのか
その差は紙一重。

利害が一致するから、そこに価値が生まれる。
一見私利私欲のためでも
そこにニーズがあるから、相手は頼らざるを得ないから
仕事がある。
全部おんなじ。

色即是空。

目に見えるものの背後にある真意はまちまちで
でも、その違いは見方と立場の違い。
詰まるところ、自分次第。

だから、空即是色。

そうなんだろうと思った。


振り返れば、
すべては自分が起点だと昔は思っていた。
医者になりたい奴とか、ボランティアしたいとか言う奴を
信じられなかった。そんなのウソだと思っていた。
医者をして人を救っている自分に酔いたいだけ、
ボランティアをしてる自分偉いと思いたいだけ
なんて解してた。
直角にそんなこと話した記憶ある。

でも、ここ二、三年で少し考え方変わったかな。
そういう自分のなんかしらの欲がゼロだなんて信じないけど、
そうでない部分、純粋に何か役に立ちたいというような情熱は
あるだろう。

そういう、崇高ともいえる理念を持って、
どこまで確固たるものとして持ち続けるか
長きに渡り忘れられないでいられるか
ここの勝負なんだろう。

自信と誇り。

僕は部活やっていた時に常々意識していたこと。
やめた時も、同期に送った手紙にこのこと書いた気がする。

やっぱり、部活で自分の考え方は変わったと思うし、
もしかしたら、本来そういう考え方だったのかもしれないけど、
その考え方が鋭くなったとは思う。

部活入ったときは、純粋に熱くなりたいとか
きつい事に挑戦し耐え抜いてみたいとか
だったけど、
続けていく中で、手を抜かない、自分に嘘つかない
ってのが中心になっていった。
全力を出すという理想・理念を守ることに
燃えていたのかもしれないな。

確かにちょっと考えてみると、
自分に嘘つかないというのは大変なことだったし、
そういう頑張ってる自分が好きだったから、
昔も、部活入る前も、部活やってる時も
自分起点で自己完結の自己満足。
大きな差はないのかもしれない。


話が昔話になったが、
仕事選びという段階でも、
どういうスタンスで臨めて、
自分の理想とする価値観を、仮に実現できないとしても、
どれだけ保ち続けることができるか
が大切かと思った。
結局、自分次第。

そういうと元も子もなくて
どこで働いてもおんなじになってしまうわけ。

でも、理想は理想であり、イデアだかなんかだから、
決して到達できないもの。
だからこそ、どれだけ理想に接近できるか、近似できるか
で選んでいくしかないと思う。

ここから先は自分の中で整理しきれてないし、
ロジカルではない気がする(ここまでもあんまロジカルじゃないと思う)けど
理想に接近・近似というのが
理想の実現過程で現れてきて、
手段の部分になると思う。
手段に理想をどれだけ落とし込めるかという部分Aと
手段がどれだけ現実的に使えるかという部分Bに
分かれると思う。

AとBが矛盾するものであるし、
A=社会公共の利益、人々のニーズに適う
B=結果が出る、満足がある、利益を出す
ってことかなあ。。。

色々考えてたけど、
ちょっと頭が混乱してきたからここでやめる。。。
【2008/01/23 22:19】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
現実と歯車
第二志望くらいの会社の会社説明会を
いつの間にか、ぶっちしてました。

欝になりました。

失敗→欝→現実逃避
→機会を失ったり、十分時間を割かなかったりで失敗
→最初に戻る

このループの繰り返し。
めくるめく人生の泥沼。

部活をやめた辺りから、この手のループが多すぎる。
僕は部活に青春を捧げていたんだよ。
僕の人生の歯車は、部活時代に疲弊し、今やぶっ壊れて
正しく回らないんだよ。

そんなこと言ってもただの言い訳。
【2008/01/22 23:34】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
はじまりと過去
二年ぶりにブログを再開。
以下はミクソで前に書いたもの。わけあってこちらへ。

思いっきりぶっちゃけてやるよ!かかってこいよ!


人のセックスを笑うな 2008年01月15日23:25

今日初めて会ったおんにゃのこに勧められた?映画。

初対面の女から、「セックス」という単語を聞いたのは生まれて初めて。チョットどっきりしてもうた。

この映画の永作博美はかわいいな。見に行こうかな。


さて、明日は軽く修羅場な悪寒。はやく寝ますか



仕事 2008年01月18日01:42

能力の正当な評価というのは、難しい。

評価の機会を得る上で必要なのが、人間関係。
そして、その政治力学が難しい。
というか、そういうのがあまり好きでない。
むしろ、得意な方。やらなくて失敗するだけ。

馴れ合い嫌い。
いろんな奴が嫌い。

俺は自分の中の美学とか、哲学を貫けるようにいきたい。
だから、自己満足で仕事がしたいんだと思う。
マジで究極のオナニー。

それでいて自分に甘い面がある。だから、おかしい。
【2008/01/21 02:03】 | 心境 | トラックバック(0) | コメント(0)
A fear of handful of dust


小生22歳。

プロフィール

m01032

Author:m01032
無駄に最高学府に通う学生。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。